毎日1ミリとちょっとだけ

生きてるだけで丸儲け

担降り後の初現場

 

 

公演初回である8月6日に「ビニールの城」を観劇してまいりましたァーーーーーーーハムの日ーーーーーー

いや8月て!!!!!!今11月なんですけど!!!!もう年末なんですけど!!!!!

今更感すごいけど書かせていただきます。

 

 

 

 

 

私がV6ファンになってから初めての現場がビニールの城でした。チケット当たった時は

「エッ。。。ウッ。。。当たった。。。。。。当たったああああああああああああああうわああああああああああああああああん」って言いながら姉のもとまで走って、気がついたら大泣きしながら抱きついてた。

まさにこんな感じ↓(重かっただろうな笑)

 f:id:tokimekilight:20161107214653j:plain

夢だけどぉーーーーーーーーー夢じゃなかったぁーーーーーーーーー!!!!!

 

正直言ってこれまでの人生で1番じゃ…?ってくらいの喜び方だったんだけど、もうそれくらい生で森田さんを見れることが嬉しくて嬉しくてうれしくて!!!!!!!!!!!そのときは担降りして間もなくだったから、森田さんがこの世に存在しているって考えるだけで毎日心がときめいてた。この頃ヒメアノ〜ルの宣伝でテレビに出ることも多くて、アアアごうつんが歩いてる......喋ってる......笑ってる......生きてる……胸が苦しい......ほんとにしぬ.........

というように絶賛デレッッッデレ期だったから(現在進行形)姉や友達に「あんたそんな状態でビニ城見に行って大丈夫なの…?爆発しない…?」って割と本気で心配されてた。私も割と本気で「え、それはするかも……ごめん……」って答えてた。

あと嵐の時も含めて、自分名義のチケットがくるのが初めてで、自分の力で行けるってのも嬉しかった。

 

 

 

公演は夜からだったのでその前に、すみだ水族館に行って

これや

 f:id:tokimekilight:20161107214758p:plain

これを

 f:id:tokimekilight:20161107214834p:plain

再現してきました。剛様充。現場前のロケ地巡り。幸せじゃ〜〜〜。

 

 

 

そして「ここが、私の墓場、、、」という覚悟でシアターコクーンへ。ポスター見ながら、ア"ア"ア"ア"ァ"(頭抱)と叫んでたら姉に激写されてたけどこっちは笑い事じゃないよ......

時間つぶしでカフェにいるときは「これが、最後の食事、、、」ってケーキ食べたけど緊張で全然味しなかったし、開演時間が近づくにつれて緊張もすごくなって「無理、、、もういっそのこと行きたくない(泣)」とか言い出すし、我ながら情緒不安定がひどい。あとめっちゃトイレ行った。

 

 

 私は真ん中よりちょっと後ろくらいの席だったんだけど、初っ端から森田さんが一番前の客席の通路歩いてきて。ひゃーーーー!ごうつん…...!!!!!と同時に「一番前の人羨ましい」と一瞬思ったんだけど、すぐ「ハッッ!でも私があんなところにいたらそれこそ爆発するところだった。。危なかった。。舞台初日にして謎の爆発事件起こすところだった。。」と我に返った。

内容に関しては私みたいな奴がどうこう言えることじゃないんですけど、おもしろかった〜〜!!!!!!!感想が小学生レベル(笑)もう一回みたいなと思ったので、映像化、しないかなあ。。。

 

 

 

初めて森田さんを見た感想としては、

黒髪だったんだけどそのキューティクルはんぱなくて艶めきが女優さんよりすごかったし、キャラメルボイスはやっぱりキャラメルボイスだったし、命懸けで演じてる…!って感じたしね(ここまで一息)

もう、、、全然好き!!!!!!!敵わないよ!!!!!!!お手上げ!!!!!!!

 

スタオベで舞台袖から出てくるとき、一回「ぴょんこ」って出てきたんですが、アッこの効果音以外認めないからね私は。それが可愛すぎてここで初めて涙;;

しかも森田さん1人で出てきてて「あれ?みんな来ないの…?」って感じで後ろ振り向いてるの可愛さMAXで私の涙腺もMAX;;;;;;

 

 これからも森田さんを見ていきたい!と心から思った。惚れ直すってこういうことか〜〜〜〜っ!くぅ〜〜〜〜っ!これ以上好きになりたくない〜〜〜〜っ!怖い〜〜〜〜っ!

 

初めての森田さんを堪能していっぱいいっぱいになっちゃって、スクランブル交差点をひとり危ない目で走り出してた。交差点の真ん中で、ごごごごごうつぅうううううーーーーーーん!!!!って叫びたくてしょうがなかったけど我慢した。ちゃんと家に帰ってから叫んだ。(近所迷惑)

 

 

 

 

 

ほんと森田さんはこの世にとって最高の人材。

是非我が社に欲しい。(?)