まいにち1ミリと ちょっとだけ

気楽なジャニオタが書きたいことを書きたいときに書いています

担降りしたら美意識上がった話

 

 

 

担降り がタイトルの記事が続いてますが(笑)

 

担降りしてから初めて自担に会える機会が8月にあり、これが美意識向上のきっかけとなってくれました

tokimekilight.hatenablog.com

 

3月に21歳になりまして、お肌の曲がり角というものを感じました(›´ω`‹ )今までは、ニキビが出来ても「オロナイン塗っときゃ余裕w」とオロナイン最強説を打ち立て、スキンケアを大きく変えることもお金をかけることもありませんでした。社会人になったので自分に使えるお金はあったのだけど、特に肌悩みとかないしこのままでいいや!と必要性を感じていなかった

しかし21歳の誕生日を過ぎ春頃から、オロナインを塗っても治らなくなり、頬にニキビがどんどん増えてしまって。これは嵐のアリーナツアーも落選してしまい、1年以上現場に行けなかったストレスのせいだと思いこんでる。肌までオタクじゃんどうしようもねえな。

 

ビニールの城に当選し、爆泣きしたのはいいのだけど、信者になりつつある(なってる)自担に会える……!というのにこんな過去最高の肌荒れアカーーーーーーーン!!!!(宮川大輔)

オロナイン最強説も打ち砕かれ、もう今までと同じじゃだめだと痛感し、スキンケアを見直そうと決め色々と手を出し始めました。

かといって無限にあるスキンケアブランドからどう選ぶ?と思った時、姉がクリニークに行ってきたと聞いて「クリニークといえば皮膚科医発祥のうんたらかんたらのやつ?良さそう!行く!」これが私のデパコスのカウンターデビュー日となりました。

なんか色々聞かれて色々説明されて色々塗られたけど、デビュー戦にライン買いする勇気は無かった……

コットンについたホコリ?汚れ?に衝撃を受けたので拭き取り化粧水だけ買いました

そりゃこんなホコリやら付いてたら化粧水なんて染みんわな!!!!(宮川大輔)

と叫びたくなるくらいコットンが汚くなった。(美容に関して目からウロコなことばかりなのでちょいちょい宮川大輔が現れる。)

ここから拭き取り化粧水にはまって、今はクリニーク以外のものも試してる最中。でもまたクリニークに戻そうかなーと。

 

 

そのあとも、とにかく美容に関する知識を仕入れたかったので、美容雑誌やネットなどで情報を集めていたのですが「モデルは皮膚科に通っている」と誰かが言っていました。誰かは忘れた。

そこでモデルになりたい訳ではないがモデルの様な肌になりたい私は皮膚科に駆け込みました。処方された薬をきちんと使っていたら少しずつニキビは治ってきたので、とりあえずひと安心。

 

拭き取り化粧水を使うことも、ニキビだけで皮膚科に行くことも、前までは否定的な方だったのにこうも変わるのか……。

もうな〜〜!すごいな〜〜!自担に会うってだけでこんなに美容に興味持てるんだ?お金かけるようになるんだ?

あ〜〜!未知〜〜〜〜!!!

担降りしてから未知の世界に連れてかれることばっかりだ。すごい。ごうつん。すごい。すき。

 

 

 

 

 

デパートコスメに関しても、私にとっては値段も敷居も高くて購入は考えられなかったのだけど、あの「行くだけで綺麗になった気がする雰囲気」に取り憑かれ、ホイホイ買ってしまうようになりました。目的なくても行っちゃう。買っちゃう。。。コスメコーナーにベッド置いて毎日そこで寝起きしたーーい!!!

 

二宮さん「手がキレイな人がすき」

私「ハンドクリーム買ってくる」

 

三宅さん「ファンデーション嫌い(ニュアンス)

私「ファンデやめます」

 

嵐ファンだった時から毎回こんな感じだったし、私多分メッチャちょろい客。こないだも迷ってたフェイスパウダーが残り2個だと言われた瞬間予約したよね。ちょろい。

 

 

 

 

オタクに美意識上げるきっかけをくれてありがとうV6!ありがとう森田さん!

というか私、三宅さんが使ってるリップのブランドとか、そこらへん影響受けてるところあるんだけど

21歳女性(会社員)の美容情報源が37歳男性(アイドル)って、やばない?????

 

 

 

担降り後の初現場

 

 

公演初回である8月6日に「ビニールの城」を観劇してまいりましたァーーーーーーーハムの日ーーーーーー

いや8月て!!!!!!今11月なんですけど!!!!もう年末なんですけど!!!!!

今更感すごいけど書かせていただきます。

 

 

 

 

 

私がV6ファンになってから初めての現場がビニールの城でした。チケット当たった時は

「エッ。。。ウッ。。。当たった。。。。。。当たったああああああああああああああうわああああああああああああああああん」って言いながら姉のもとまで走って、気がついたら大泣きしながら抱きついてた。

まさにこんな感じ↓(重かっただろうな笑)

 f:id:tokimekilight:20161107214653j:plain

夢だけどぉーーーーーーーーー夢じゃなかったぁーーーーーーーーー!!!!!

 

正直言ってこれまでの人生で1番では…?ってくらいの喜び方だったんだけど、もうそれくらい生で森田さんを見れることが嬉しくて嬉しくてうれしくて!!!!!!!!!!!そのときは担降りして間もなくだったから、森田さんがこの世に存在しているって考えるだけで毎日心がときめいてた。この頃ヒメアノ〜ルの宣伝でテレビに出ることも多くて、アアアごうつんが歩いてる......喋ってる......笑ってる......生きてる……胸が苦しい......ほんとにしぬ.........

というように絶賛デレッッッデレ期だったから(現在進行形)周りに「あんたそんな状態でビニ城見に行って大丈夫なの…?爆発しない…?」って割と本気で心配されてた。私も割と本気で「え、それはするかも……ごめん……」って答えてた。

あと嵐の時も含めて、自分名義のチケットがくるのが初めてで、自分の力で行けるってのも嬉しかった。

 

 

 

公演は夜からだったのでその前に、すみだ水族館に行って

これや

 f:id:tokimekilight:20161107214758p:plain

これを

 f:id:tokimekilight:20161107214834p:plain

再現してきました。剛様充。現場前のロケ地巡り。楽しかった〜〜〜。

 

 

 

そして「ここが、私の墓場、、、」という覚悟でシアターコクーンへ。ポスター見てア"ア"ア"ア"ァ"(頭抱)と叫んでから時間つぶしでカフェへ。これが、最後の食事になるかもな、、と考えながらケーキ食べたけど全然味しなかったし、開演時間が近づくにつれて緊張もすごくなって「無理、、、もういっそのこと行きたくない(泣)」とか言い出すし、我ながら情緒不安定がひどい。あとめっちゃトイレ行った。尿意。

 



パンフ買って、いざ開演…!! 

 私は真ん中よりちょっと後ろくらいの席だったんだけど、初っ端から森田さんが一番前の客席の通路歩いてきて。一番前の人羨ましいな〜と一瞬思ったんだけど、すぐ「ハッッ!でも私があんなところにいたらそれこそ爆発するところだった。。危なかった。。舞台初日にして謎の爆発事件起こすところだった。。」と我に返った。

内容に関しては私みたいな奴がどうこう言えることじゃないんですけど、おもしろかった〜〜!!!!!!!感想が小学生レベルですけど(笑)もう一回みたいなと思ったので、映像化、しないかなあ。。。

 

 

 

初めて森田さんを見た感想としては、

黒髪だったんだけどそのキューティクルはんぱなくて艶めきが女優さんよりすごかったし、キャラメルボイスはやっぱりキャラメルボイスだったし、命懸けで演じてる…!って感じたしね(ここまで一息)

もう、、、全然好き!!!!!!!敵わない!!!!!!!お手上げ!!!!!!!

 

スタオベで舞台袖から出てくるとき、一回「ぴょんこ」って出てきたんですよ。もう一度言います。効果音は「ぴょんこ」です。この効果音以外は認められません。それが可愛すぎてここで初めて涙;;

しかも森田さん1人で出てきてて「あれ?みんな来ないの…?」って感じで後ろ振り向いてるの可愛さMAXで私の涙腺のゆるさもMAX;;;;;;

 

 

初めての森田さんを堪能していっぱいいっぱいになっちゃって、スクランブル交差点をひとり危ない目で走り出してた。交差点の真ん中で、ごごごごごうつぅうううううーーーーーーん!!!!って叫びたくてしょうがなかったけど我慢した。ちゃんと家に帰ってから叫んだ。(近所迷惑)

 

 

 

 これからも森田さんを見ていきたい!と心から思った。惚れ直すってこういうことか〜〜〜〜っ!くぅ〜〜〜〜っ!これ以上好きになりたくない〜〜〜〜っ!怖い〜〜〜〜っ!

 

ほんと森田さんはこの世にとって最高の人材。

是非我が社に欲しい。(?)

 

 

担降り決行の刻

 

 

嵐さん17周年おめでとうございまーーーす!!!!!!

ブイさんも21周年おめでとうございまーーーす!!!!!!(騒がしい)

 

はいはいはい〜〜まさか自分がすることになるとは微塵も思っていなくて、完全に他人事だった担降りが、現実になったときの経緯を書くよ〜〜!このブログを将来オタ卒した自分が見たときのリアクションが楽しみでごわす。語彙力も文章力もないからゴタゴタしてるけどこれが自分の実力だから!諦めて!

 

 

 

 

 

 

私は花より男子の松本さんから嵐を好きになった身なのですが、気づいたらいつの間にか二宮さんを担当と呼ぶようになっていました。なんなら最初嵐で1番好きじゃなかった二宮さんが担当になったきっかけは、本当に覚えていないので誰か教えて欲しい。私の中で永遠に解けない謎です。マジで。

それから長年、二宮さんが「最初で最後の担当」だと信じて疑うことなく彼の手のひらでコロッコロコロッコロ転がされる日々を送ってきました。

ハア~~~今年も元気に嵐オタだ~~〜と会費を払った2015年末。V6がデビュー20周年イヤーということでメディアで見かけることが多くなります。嵐と共演することもあったので自然と目に入ってきました。そこで私を荒ぶらせたのが

f:id:nururo52:20161004191433j:plain

「美少女おじさん」こと三宅プロ。プロ中のプロ。なにもかもプロ。絶対的プロ。

三宅さん、この髪型がとってもよく似合っている。神がかって似合っている(掛けてないよ)。個人的には生涯この髪型でいてほしいくらい好き。「美少女おじさん」なんで???しっくりくる。美少女とおじさんって同居できるの???は???

私、男性のタートルネックが好きでよく勝手に鑑定(←?)とかしてるんですけど、今まで見てきた中で三宅さんがダントツ1位で似合ってる。ヤブァイ。見てるだけで無差別にテンション上がる。「三宅健の私服は猫耳パーカーの時代」終わってたなら誰か教えてくれてもよかったじゃんーーー!!!!

今までV6のことも普通に好きだったけど、「嵐の先輩だから」であって自分から積極的に見ることはありませんでした。いつも嵐がお世話になってます!可愛がってやってください!てな感じ。岡田さんが1番好きだった。顔が好き。ぶっさんLOVE。

このように三宅さんにはまりましたが、担当にするほどの伸びしろを感じることは無かったです。いや、めっちゃ好きだけどね??三宅さんに荒ぶりながらも「やっぱり私には二宮さんが落ち着くぅーーちょっと興奮しちゃった☆ゴメンゴメン☆好きやで☆」なんて言いながら二宮さんを愛でていました。この時点ではまだ降りてません(笑)

 

 

 

年が明けて2016年、本屋で1冊のテレビ誌を手に取ります。

 これ ↓

 f:id:tokimekilight:20161024182204j:plain

わぁ〜〜ブイさんだ〜〜嵐も載ってるしちょっと見てみよう~〜と適当にページをめくった瞬間「アッこれは公共の場でみれる品物じゃないな…?」と危険を察知し、お持ち帰り。嵐目的以外でテレビ誌を購入するのが初めての経験で混乱したのか、「ほ、ほら!嵐も載ってるシ!別にV6目当てで買うわけじゃないシ!」と一緒にいた友達に言い訳しながら買ってました。誰もそんなん聞いてないで。その後テキストまでじっくり読んだ私に衝撃が走る。

 

 ゴロゴロガッシャーーーン

 

 

 

剛健ってこんなにひどいんだ………

嘘じゃん???ここまで???マジで???やばない???ツラくない??????

これを機に、誠に遅ばせながら剛健の素晴らしさに目覚め、V6の歌番組やバラエティをひたすら見続けました。そして程なくして

 

森田さんに!!!!!!!!!リア恋を!!!!!!!した!!!!!!!!!

じゃにーずにリア恋なんてww小中学生じゃあるまいしww

だけど好きになっちゃったよね~~!リアルに恋しちゃってたよね~~!ヒゲだしワイルド系だから確実にタイプじゃないはずなのに。。。笑い方かわいいし???メンバー内だと結構しゃべるし面白いし???意外とビビリだし???キャラメルボイスでめちゃくそダンス上手いし???

こんなの恋に落ちるしかなかったよね。。。泣けるね。。。

例えるなら「見た目怖くて近寄りがたがった先輩が、雨に打たれる捨て犬を抱きかかえてる所を目撃したときの少女漫画の主人公」の気持ち(わからん)

f:id:nururo52:20160516002725j:plain

たぶんこの瞬間に恋に落ちた。心臓がドキーーーッ!としたのがよく分かったもん。それまでの私は二宮さんに「可愛い♡」と思うばかりだったので、じゃにーずに「カッコいい」と心から思えたことが新鮮で楽しかった。そうだよ、じゃにーずってカッコいいんだよ。。。

そんなこんなで森田さんにリア恋をしてしまったのですが、また三宅さんの時のように、一時の興奮状態で終わるだろうと余裕をぶっこきまくっておりました。

 

 

しかし、なんということでしょう。。。森田さんへの思いは薄らぐことを知りません。。。森田さんのことを色々知っていくの楽しすぎ。。。好き。。。ちょっと待って好きすぎてリアルに胸がいたい。。。

このときから、「森田さんを担当にしたい」という思いが出てくるようになりました。でも当時の私にとって「最初で最後の担当」である二宮さんの地位が揺らぐことは許されなかったし、二宮担でなくなることに怖さとか不安を感じていました。なんだか自分が自分でなくなる気がして。

てか、私が森田剛担?いやいや違和感がすごいな!そんなの私のキャラにも顔にも似合わんわい!無い無い!と言い聞かせて自分でストップかけてた(笑)さらに姉が同じく嵐ファンだったので、森田さんを好きになってしまったことに後ろめたさがあり、森田さんへの気持ちを隠していました。

 

こうしてどこにも発散できない森田さんへの思いを溜め込みにためこんだ私は、とうとう我慢できなくなり、お友達のAちゃんを呼び出します。AちゃんはNEWSファンなのだけど、他グループにもある程度詳しい自称クソDDだったので話を聞いてもらってスッキリしました。しかぁーーーし、Aちゃんはまあまあの現実を見せてくるタイプ。「けつこん間近ってウワサあるよ〜。だから今から担当になると辛い思いするかもね☆」

はい失恋~~~!恋して1週間弱で失恋~~~!

まぁまた最近ねつあい報道出てましたけども(笑)

ガチガチのリア恋してた私にその情報は本当につーーーーーーーらくてねーーーー森田さんのことは諦めて、この気持ち消そう。ただの二宮担だったあの頃に戻ろう。と、自分から森田さんを無理やり消そうともしましたが、そんなのうまくいくわけがなく!好きって気持ちはどうしようもねえなチクショウ!

ここで私は「リア恋じゃなく、純粋にファンとして森田さんをみていこう」と決意しました。そんでもって、やっとこさ、好きなタレント名:森田剛 でファンクラブに入会¥¥¥ちなみにこのとき嵐名義ひとつ増やした直後でしたが関係ありません¥¥¥

これからは掛け持ちでいくぞーーっ!フッフーー!⤴︎忙しくなるなぁ!と意気込んでました。

 

 

3月24日、じゃぽにずむアリーナツアー当落の日。ドームツアーは落選で、グッズだけ買いに行ったら心も体も冷め切って帰ってきたんだけど、アリーナツアーで私の地元に来る。。!!!ってこれ私が行かずして誰が行くねーーん!!!という気持ちだったのだけど、

見事に落選。

私にとって今までの落選とは違う深い悲しみに襲われて、何度も泣きました。最近はV6ばっかり見てたからかなぁ、なんて考えましたが「近くに来るなら行ってみたいなー」みたいな軽い気持ちで応募した人が当たってて、どうしてずっと嵐さんのこと見てて、コンサート行きたくてしょうがないファンを行かせてくれないんだろう。と納得ができなかった。荒らしが悪いわけでは決してないのだけどね。「楽しい気持ちになれるからファンなのに、なんで私は嵐を見て悲しい涙を流してるんだろう」こう思ったときに、あぁもうこれまでだな。今までと同じ見方はできないだろうなと感じました。

 

そんな切なさ、悲しみから救ってくれたのがV6様々でございます。(BGM:ありがとうのうた)V6がいなかったらずっと落選の悲しみを抱えて、生きる希望なくしてたと思う。ほんとに。イノチノオンジン、カンシャエイエンニ。もうこのときは嵐には怒りすら覚えていたので(笑)「もう嵐なんて知らない!(;;)私はブイさんに走るもんねーーッ(;;)」てな感じで

 

担 降 り 決 行 。

 

落選が担降りを決めたきっかけになったけど、V6を好きになる前から嵐への熱は冷めてきていたのに無理して二宮担を続けていたところがありました。長い年月で義務感が染み付いてしまったんだなと、義務感を持ってるオタ活は楽しくないなと気付きました。

赤めだかのDVD予約しようとしてたのにそれを買わずアニバコンDVD、しかも嵐でもしたことない2種買いをしていたし、母と暮せば のときも「私は二宮担なんだから表紙になってる雑誌買わないと…」という義務感に襲われて買ってました。映画雑誌高いのに。。。そんな経験から「義務感を持たずにオタ活する」をモットーにしています。

 

担降りする前、Aちゃんとは会うたびに聞かれていたんだけど

A「降りた?」私「降りてない降りない(即答)。」

A「降りた?」私「……降りてない。」

A「降りた?」私「降りてない。まだ。」

A「降りた?」私「崖っぷちだけど、かろうじて降りてない。」

A「降りた?」私「言わなかったっけ?とっくに降りてるよ!あぁごうつんかわいいな!(ジャニショにて)」

 

降りる がゲシュタルト崩壊してきた。いろんなV6情報くれてたから、この担降りにはAちゃんの存在がでかいし、「V6に降りてから、〇〇(私)すごい楽しそうだよ。」と言われたので「うん。すごい楽しい。」と答えておいた。

確かに、担降りして、義務感を持たないようにしてから、心もお金も録画容量(これが1番)も全て楽になったなーと思います。降りることを迷っていたときは、嵐とV6を比べてしまうことも多々あってそんな自分が嫌だったし、週に1回はダビングしないと録画容量が間に合わなかった。それと、担降りを経験してから他のグループに対する見方も、それぞれにそれぞれの魅力があるんだよね。と否定的でなくなりました。あれ、これもしかしてクソDDの入り口じゃないよね...…??

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなったけどまとめると、

嵐(二宮さん)  →  V6(森田さん)

という担降りをしたよーってことです。

自分的には、二宮沼に入り浸っていたけど興味本位で三宅沼を見に行ったら、すぐ側にあった森田沼に足を取られて沈んでしまったイメージ。

 

担降りを決めたとき、待ち受け画面やツイッターのアイコン、ジャニウェブのお気に入りアーティストとか一気に変更したんだけど、今まで変えたくて悩んでた分すごいすっきりした。っしゃ~~~!

私はV6が好きだ!!!!森田さんが好きだ!!!!イエーーーッス!!!!

って叫んで走ってる気分。

 

 

最後の方とか嵐のこと悪いかんじで書いちゃったけど、今も嵐のこと好きです!やっぱり嫌いになれる訳ないし、好きな所は変わらないので。なんか、最初はこんな感じだったんだよなーと初心を思い出した(笑)もちろん前と同じ熱量ではないけれど、さっきも書いたモットーに基づいて、自分が見たいものを見たいときに見たい分だけ見るようになりました。嵐に出会わなかったらV6にも出会えてなかったしね(^^)

 

そしてやっっっっと自分名義が仕事してくれたので、あゆはぴ行ってきます。担降りする前に当たってほしかったなあ!なんてね!「じゃぽにずむ以上の嵐コンは無い!」と私は思ってるんだけど、これデジタリアンの時も同じこと言ってたから今回もいい意味で期待を裏切ってくれることでしょう。楽しんできまっす!

 

 

 

 

 

私の場合、V6への担降りはまさに

 

 

ワンナイのつもりがはまるゥウ〜〜〜〜〜〜〜〜〜、、

セクスィーーーーーー!!!!!!